leabul2e.gif (131 バイト)うわさとニュースの研究会

leabul2e.gif (131 バイト)うわさの日記

leabul2e.gif (131 バイト)うわさの研究

leabul2e.gif (131 バイト)うわさの調査

leabul2e.gif (131 バイト)うわさの文献

leabul2e.gif (131 バイト)ニュース研究

leabul2e.gif (131 バイト)ニュース文献

leabul2e.gif (131 バイト)特集の頁

leabul2e.gif (131 バイト)研究会紹介

leabul2e.gif (131 バイト)「うわさとニュースの研究会」の紹介 leabul2e.gif (131 バイト)

 

 

「うわさとニュースの研究会」は、情報を支える主体である「人間」と、情報の流れる「ネットワーク」、さらにその上に作り上げられる「社会・組織」に関心を持つものの集まりです。

新聞・雑誌・テレビなどのマスメディアが流すニュース情報を一方の極とし、他方では、私たち自身が情報の送り手であり、担い手でもある「うわさ」という情報を、もう一方の極とし、その間に漂う様々なレベルの情報にアプローチしようとするものです。

これらの二つの極は多様な対立次元を含んでいます。「客観−主観」「送り手−受け手」「マス−パーソナル」「メディア−非メディア」などなど、水と油ほどに違うものとして共通の基盤の上で議論されることはほとんどありませんでした。

 情報社会の進展は、これまでのメディア構造を大きく変えようとしています。「情報の受け手」として規定されることの多かった一人ひとりの個人は、新しいメディアの登場により「情報の送り手」として改めて議論される必要が生まれています。

私たち研究会は、メディア構造の変化を視野におき、改めてこれまですれ違ってきたマスコミュニケーション研究とパーソナルコミュニケーション研究を交差させるという作業を行うとしています。その両者が出会う場所として「ニュースとうわさ」という場を設定し、そこでさまざまなトピックを具体的に研究しようとするものの集まりです。

 

 

 

ホームページに戻る

会員になりたい

email:amont@nifty.com